上海万博(日本館)はこんなイメージ

上海万博ナビ

プロフィール

上海万博

10秒でココロをつかむ中国語講座のモンリーです。

上海万博が2010年5月1日よりスタート! 見所やお勧めスポットをお伝えしていきます。

中国語教室では学べない中国語会話講座!話せるようになる超速中国語会話習得法



上海万博に興味を持ったらこの本を! アマゾンお勧めの1品です。



上海万博に行く時にはおなじみのこのガイドブックがあれば便利。お勧めグルメ情報はこちらの本で



Sponsored Link

上海万博(日本館)はこんなイメージ

上海万博には各国が出展したパビリオンがあるのですが、
当然「日本館」もあります。 
日本館は、こちら↓↓です。
japan2.jpg

うみうし」みたいで、気持ち悪い。
との声が大きい日本館ですが、(苦笑)
正式名称は「紫蚕島(かいこじま)」と言うんですね。
丸みを帯びた蚕(かいこ)の繭(まゆ)のようなドーム型の
パビリオンです。

見た目はいまいちですが、(苦笑)
中身の内容は充実してそうです。

「上海万博に向けて開発した40項目の最新技術を初公開!」
との事で、かなり力入れてますね。

あと、今回の見どころですが、
過去→現代→未来の3つの世界を楽しむ事が
出来るんです!

過去の世界では、
日本文化が遣唐使を通じて中国から伝来されてきた歴史を
グラフィック、映像で体験出来るんです。
kako.jpg

日本の伝統的な茶室の風景です。
kako2.jpg

続いて現代では、
汚水浄化技術、ゼロエミッションタウン(排出ゼロの街)等を
体験できます。

こちらが汚水浄化技術のイメージ。
gendai.jpg

ゼロエミッションタウンのイメージです。
gendai2.jpg

エコカーですね。ガソリンではなく、電気で充電するのが
ポイントです。
gendai3.jpg

そして、未来ですね。
こちらが未来製品ワンダーカメラです。
mirai.jpg

超高精細・超望遠機能および動画を撮影しながら笑顔を認識すると自動的に抽出できる機能を実現した世界初のカメラですね。

そしてバイオリンを弾いてくれるロボット。
mirai2.jpg

そして、「ライフウォール」ですね。
個人的に期待している機能です。
未来は、リビングの壁がテレビと一体化し、ジェスチャーだけの
直感操作で、様々なコンテンツを自由に楽しむことができるんです。
好きな場所にテレビを表示したり、 人の位置に合わせて情報が
移動するなど、かしこい先進技術が組み込まれています。
mirai3.jpg

そして、「i−REAL」ですね。
mirai4.jpg

人間の自由に移動したいという願いを最少のエネルギーで
実現する一人乗りのパーソナルモビリティです。
一人で移動するなら車も不要。自転車に変わる乗り物に
なるのではないでしょうか。

上海万博(日本館)
テーマ:「心の和、技の和」
場所:「Aゾーン」
敷地面積:6000平方メートル
特徴:
  日本の伝統的特徴と現代風を備え、日本の海外出展史上
  最大規模のパビリオン。同館の外部は薄い紫で、太陽
  エネルギー発電装置を採用した超軽膜構造で囲まれ、
  巨大な蚕のよう。
Sponsored Link