開幕前のD地区、E地区の様子

上海万博ナビ

プロフィール

上海万博

10秒でココロをつかむ中国語講座のモンリーです。

上海万博が2010年5月1日よりスタート! 見所やお勧めスポットをお伝えしていきます。

中国語教室では学べない中国語会話講座!話せるようになる超速中国語会話習得法



上海万博に興味を持ったらこの本を! アマゾンお勧めの1品です。



上海万博に行く時にはおなじみのこのガイドブックがあれば便利。お勧めグルメ情報はこちらの本で



Sponsored Link

開幕前のD地区、E地区の様子

企業館、産業館のあるD地区、E地区の様子です。
(2010年4月18日時点の情報)

中国電信パビリオン↓↓
banpaku22.jpg

■会社紹介
 中国電信は、中国のNTTと思ってください。
 固定電話やインターネット接続、データセンター等の業務を
 持っています。

CSSC(中国船舶工業)のパビリオンです↓↓
banpaku28.jpg

■会社紹介
 CSSCは軍用船舶や一般船舶の設計を行う会社です。

隣に中国船舶館がありますね。こちらで船舶技術を紹介する
のだと思います。
banpaku29.jpg

続いてE地区です。
こちらは名前を確認できませんでした。
banpaku30.jpg

奥には赤い建物が並んでいますね。
banpaku31.jpg

万博脇沿いの道路です。上海に2年半住んでいますが聞いた事の
ない名前ですね・・・。
banpaku32.jpg

2049と書かれた大きな建物です。
banpaku33.jpg

カラフルの建物があります。右手はホテルです。
上海万博に一番近いホテルではないでしょうか。
banpaku34.jpg

接待中心とありますが、団体用の受付窓口です。
banpaku36.jpg

これまたカラフルな建物ですね。Eゾーンなので産業館だと
思います。
banpaku37.jpg

ピラミッドみたいな建物もあります。
banpaku38.jpg

続いてレンガ造りの建物です。この建物が何なのかは、
上海万博が開幕してから見てみたいと思います。
banpaku39.jpg

寧波と書いてありますね。地名の寧波です。
banpaku45.jpg

最後に中山南路(大通り)に戻ってきました。
大きなお寺のような建物があります。
banpaku50.jpg
Sponsored Link